YouTubeで稼ぐ仕組みをわかりやすく解説!

シェアする

今大人気のユーチューバー。

「好きなことで、生きていく。」

というキャッチフレーズに釣られて、

俺も俺も!と各地でユーチューバーが誕生しています。

ほんの一握りの人しか稼げないんですけどねw

でも、トップユーチューバーにもなれば、

億プレイヤーにも手が届きます!!

彼らはどうやって収入を得ているんでしょうか?

その仕組みをわかりやすく解説していきましょう。

ユーチューバーが収入を得る仕組みはコレ!

ユーチューバーの収入源は広告!

主に「Google Adsense(グーグルアドセンス)」

というインターネット広告を使って、収入を得ています。

下の図を見てください。

広告の仕組み

YOUTUBERの動画内や動画の横に、広告が貼ってありますよね。

この広告は、各視聴者のサイトアクセス履歴を使って、

視聴者が興味のある内容の広告を、自動で出すことが出来ます。

視聴者がこの広告(Google Adsense)をクリックすると、

広告主が出したページに飛びます。

広告主は、そのページに来てもらったら、

YOUTUBERに、紹介料を払わなければいけません。

しかし、YOUTUBERに払う紹介料の一部を

Google が仲介役として手数料を取ります。

手数料を引いて残ったものが、

YOUTUBERの収入になります。

お分かりいただけましたか?

広告の種類は主に3つ

YOUTUBERが出す広告の種類は主に3つです。

インストリーム広告・ディスプレイ広告・オーバーレイ広告。

この3つです。

ちょっと見てみましょう。

・インストリーム広告

3

動画の始まりや、動画中に流れる、「動画広告」。

これをインストリーム広告と言います。

長いものだと1時間以上あるものもありますよね。

5秒経ったらスキップ出来るようにしているものや、

30秒は絶対見ないといけない広告などもあります。

・ディスプレイ広告

2

動画の横に貼られているものを

「ディスプレイ広告」と言います。

動画を見終わって、

「次の動画」の上に広告が貼られていると、

ついついクリックしてしまうかもしれません。

・オーバーレイ広告

1

動画内に貼られている広告を「インビデオ広告」、

特に下の方に貼られているものを「オーバーレイ広告」と呼びます。

動画を見る際に邪魔なので、僕はパッパと消してしまいますが、

目につきやすいので、興味のある人はクリックしてくれます。

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link

シェアする

フォローする

トップへ戻る