ボイパのやり方は全てヒカキンが教えてくれた。

シェアする

ボイパ中級編

リムショット 【難易度★★】

リムショットは、息を吸うことによって出すことが出来ます。

いびきをかく時の、「ガァ―ッ」という音を喉で響かせます。

勢いよく息を吸い込み、短く切ると上手くいきますよ。

最初は顎を引いて、少しうつむきながらやると、感覚を掴みやすいかもしれません。

喉ベース  【難易度★★★】

お馴染みのブンブン。

これを喉ベースと言います。

結構難しいので練習が必要ですが、喉に負担がかかるのでやりすぎは禁物です。

喉に指を突っ込んで「おえっ」となった時の、喉の締まり具合を覚えましょう。

その状態をキープして、喋るとロボットみたいな声が出せます。

単に低い音を出せばいいというわけではないので、感覚を掴むまで

ヒカキンや他のヒューマンビートボクサーの真似をしましょう。

クラブスクラッチ 【難易度★★★】

手をL字に曲げ、すぼめた口と合わせます。

L字の角部分に上唇を当てましょう。

その状態で思いっきり息を吸います。

当て方が難しいので、鳴るまで位置を変えて実験しましょう。

上手くいけば、ジッパーを思い切り下したような音がします。

Sponsored Link

ボイパ上級編

インワードリップベース 【難易度★★★★】

ヒカキンも出来ないという難易度高めの技。

プロの間ではメジャー&トレンドなテクニックのようです。

ここまで出来れば凄いですね!

コツをまとめておきましょう。

1.音を出す方と反対側に顎を下げる

2.音を出さない方の口はしっかりと閉じる

3.上唇が下唇を少し覆う感じ

4.音を出す側の口はリラックス

5.リップロールの逆バージョンを意識

これが出来れば、動画のようにライザップのCMを再現することが可能です。

ぜひ挑戦してみてください。

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link

フォローする

トップへ戻る