ヘタレビーボーイはきもい?在日なの?そしてjk妊娠?KP。マホトから嫌われてる原因と炎上とは?

シェアする

Hello.

今回はきもい!と噂のヘタレビーボーイさんのまとめです。

うーん。タイトルがビッチリですな・・・。それではいきまーす

ヘタレビーボーイって在日の人なの?KPって何?簡単wiki

kimoi

出典:http://ks.c.yimg.jp/res/chie-que-10129/10/129/287/490/i200

  • 名前     ヘタレビーボーイ
  • 本名     李 育鉄(リー・ユンチョル)
  • 年齢     2016年現在36歳

ヘタレビーボーイさんいわく、「僕は在日韓国人じゃない」らしい。

その為にパスポートを載せて本名が発覚したというわけです。

そこまでするか・・・・。

実は、ラップはプロ級!?へたれユニット「KP」

彼は実は2002年に相方とラップユニット「KP」を組んだんです。

そのラップがへたれではなくプロ級でアニメソングにも使われていたそうな。

kimoi2

出典:http://youtuber-encyclopedia.com/wp-content/uploads/2016/03/18ebbf7c6a702e859eb8a5390b7a6f81.jpg

おぉー本格的ですねー。なるほどなるほど。

え!?ヘタレビーボーイさんJKを妊娠させたって本当の話!?

うーん。本人がこれについて「そういう話が出回ってるけどナイ」というような話をしたようですね。

色々と調べたのですが詳しい情報は出てきませんでした。

でもこれが本当の話なら驚きというか、状況どうなってんの?というか・・・。

Sponsored Link

炎上の理由。マホトとの不仲の原因は?

ヘタレビーボーイさんは、元々はそんなきもい!とか嫌われるような人じゃなかったと思うんですが、一体どうしてだろうと、ネットで調べると一気に炎上した理由に

「マホトさんの逮捕をバラした」という話がありました。詳しく見てみましょう。

この動画を見ると、とても仲良さそうに見えるのですが・・・

ある日を境に二人は険悪な仲へと変わっていってしまいます・・・。

ヘタレビーボーイの一言がきっかけだった?

ある日、ヘタレビーボーイさんはマホトさんに「有名大物You Tuerをディスろう!」という提案をしたそうです。

それに対してマホトさんはその提案を断ります。

それからやたらとヘタレビーボーイさんは動画を上げ始めて、

商品などを紹介する動画を激しく誹謗中傷、つまりディスるようになりました。

その時、ちょうどマホトさんがそのような動画をあげたところでマホトさんは激怒します。

そしてヘタレビーボーイさんを誹謗中傷する曲を作ったのです。

明らかにヘタレビーボーイさんを誹謗中傷する曲なわけで・・・。

それを聴いたヘタレビーボーイさんも負けじと曲でディスるわけです。

そしてその曲の中には、ヘタレビーボーイさんの過去のあることないことが書いてある部分もあり、

ヘタレビーボーイさんに「マホトさんのファンを盗んだ!」というようなメールが届くようになり、二人の仲は最悪になってしまったんですね。

Sponsored Link

最悪!マホトの逮捕をヘタレビーボーイが暴露した!?

昔、マホトさんが逮捕されたことがある!という話をヘタレビーボーイさんが暴露したことで、

もう二人の仲は戻らないくらい決裂してしまったんだそうです。

この話はタブーだそうなのでこれ以上、情報はわかりませんでした・・・。

でも、マホトさんといえば、たくさんのファンがいて一言一言がかなり重いですよね。

そこで嘘か本当かわからないことを言われてしまったら言われた本人は

「そんなことない!だったらそいつだって!」ってなるとは思いますが、度が過ぎてますね・・。

それから余計にヘタレビーボーイさんは誹謗中傷を受けるようになり、炎上。

きもい!など嫌われてしまった原因になったようですね。

まとめると

  • KPというラップユニットを組んでいる
  • 在日韓国人ではないかという線が濃厚
  • マホトさんとはもともと仲が良かった
  • 今はもう修復しようがない
  • 今でも誹謗中傷が多い

ということでしょうか。

あれだけラップの技もあっていい感じだったのに。

残念ですが、親しき仲にも礼儀ありですね。

それに大物You Tuberをディスろうって言うのは、

ただ単に知名度上げでしょうね。そこまでして有名になりたかったんでしょうね。

でもそれだけラップの技があったらもっともっと下積みをすれば・・・。

なんとも言えない複雑な気持ちになった記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

トップへ戻る